食いしん坊の歴史

2008.03.13

だって、眠いのよ…

二、三日前、ママと浩史郎と兼之介と、このいつものメンバーで夕飯を食べていた時の出来事です。


「何だか、ぼくちん…。」
Cimg4730

「大好きなうどんを食べてるんだけど…。」
Cimg4728

「頭がクラクラ、目もクルクルしてきたみたいなんですけど…。」
Cimg4731

夕飯のうどんを食べながら、おや、兼之介が眠そうにしているなぁと思っていたら、


やっぱり、食べながらネムネムの国へ行ってしまいました~(^_^;)
Cimg4726
「ダメです。。ぼくちん、もう我慢できません。。。」(食欲も勝てません、兼之介)


「浩史郎や、見てご覧。兼之介がうどん食べながら寝ちゃったよ~。」(ママのひそひそ声)

「わ~。兼之介ってば、一人で眠って偉いね!」(何故か褒めてあげた、浩史郎)

「ふふふ。そっか? 兼之介、偉かったかな?」(思わず笑う、ママ)


我が家の夕方のスケジュールは、大体5時前頃にはお風呂に入ってしまい、6時前には夕飯を食べるんだよね。でも、午前中からお昼過ぎに掛けてお昼寝をしている兼之介は、お風呂から上がった6時過ぎ頃に、また眠くなる事がよくあるのだよ。

そんな時は大抵グズグズ言い出すから、ご飯を後回しにして居間の座布団でママが添い寝をして寝させる事が多いんだけど、この日は初めて夕飯を食べながら寝ちゃったのでした。

この夕寝は、いつも30分くらいですぐ起きるからって、ママは兼之介を椅子に寝かしたままにして台所に行き、オイラもお手伝いでお皿を運んだりしていたんだけど…

「ゴチン! ぎゃ~!!」(間違いなく、兼之介の泣き声)


兼之介の大泣き声が聞こえてきました。


ビックリしてママと居間に戻ってみると…

椅子に座って泣いている兼之介の隣に、兄ちゃん・浩史郎がソファーのクッションを持って立っています。

「どうしたの? 兼之介泣いてるけど…? もう起きちゃったの??」(驚いて、ママ)


「ううん…。あのね、俺、兼之介が寝ちゃったから、枕をしてあげようと思ったの。そしたら、頭がテーブルにぶつかって、泣いちゃった…。」(浩史郎も泣きそう)


「えぇ…? ま、枕?! 座って寝てる兼之介に、枕をはめてあげようとしたの…?!」 (ビックリ、ママ)

「うん…。」(怒られるか心配そう、浩史郎)

「そ、それは、兄ちゃんは優しかったんだねぇ。でも、兼之介が寝たときは、枕は無理にしてあげなくてもイイからね。」(笑いをこらえつつ、ママ)


「うん。。。」(まだションボリ、浩史郎)

兄ちゃん・浩史郎は、椅子に座ったまま寝ている兼之介を不憫に思ったのかな~? 兼之介の頭を起こして、頭と背もたれの間に、クッションを枕にしてはめてあげようとしたのでした(^_^;) 頭を起こしたとたん、寝ている兼之介はグラリと前のめりに倒れて、テーブルにゴチンと顔をぶつけて驚いて泣いちゃったってわけねぇ。

眠ってる兼之介にと、枕にしようと思ったクッションをダラリと持ってションボリしている浩史郎。兼之介は眠ってるのを起こされて泣いてるんだけど、その脇で立っている浩史郎のあまりの可愛さに、ママもオイラも、思わず浩史郎の頭を撫でずにはいられないのでした(^^ゞ


機嫌を直して、デザートのグレープフルーツを食べ始めた兼之介。

「もぉ~。」
Cimg4732
「ぼくちん寝起きで機嫌が悪いんですけど。何か用ですか?」(それでも食べる、兼之介)

兼之介が生まれてから一年だけど、ほんと浩史郎はお兄ちゃんらしくなってきたよね~。
これまでに、布団でも座布団でも、寝ている兼之介に枕をしてあげるなんて、ママですら一度もしたこと無いのにね。元々、枕無しでは眠らないほど、枕が大好きな浩史郎は、兼之介も枕をしたら気持ち良いだろうなぁって思ったんだろうね(^-^)

こんな事されちゃうと、ただでさえ大好きな浩史郎だけど、オイラ、ますます浩史郎が大好きになっちゃう! ママと一緒に、そんな浩史郎のホッペにチュウをした、もぐもぐなのでした~(*^ー^*)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.20

初めての焼き芋♪

児童センターで、焼き芋の会が開かれるということで、またしても出掛けてきましたよ(^-^)

焼き芋の会に参加しるには、スーパーの袋いっぱいのよく乾いた焚き木を持参しるのが条件なの。
そこで先日、ママと浩史郎は木がたくさんある公園に遊びに行った帰りに、せっせと焚き木を拾って来てたのよねん!

我々の持ち込んだ焚き木。
Cimg1578
美味しい焼き芋のために、しっかりと燃えて下さいね!


浩史郎は、焼き芋はもちろん、焚き火をしることも初体験です(^_^)
Cimg1580
しっかりお手伝い(火いたずら?)しました♪

ボランティアのおじいさん達が、午後の二時から火を起こしてくれていて、焼き芋が出来上がったのが三時半過ぎでした。手作りの焼き芋は、落ち葉や焚き木でじっくりと焼くから、結構時間もかかるんだね~。

焼き上がった頃は、一時止んでいた雨がまた降り出してきちゃったので、急いで車に非難(>_<) みんなで焚き火を囲んで食べたかったんだけど、車の中でいただくことになっちゃいました。ちょっと残念(>_<)

でも気を取り直して、車に乗り込んで焼き立ての芋を包んでいる新聞紙とアルミ箔をはがしてみると…
Cimg1584
「なにかな、なにかなぁ~?」(焼き芋ですよ、浩史郎)


ホックホクの黄金色の焼き芋に仕上がってましたヽ(^o^)丿
Cimg1590
焚き火で焼いた焼き芋、香ばしい香りも加わって、とっても見事な出来上がりです!


浩史郎は冷めるのも待ちきれず、熱いのを堪えて眉間にシワを寄せつつ、かぶりつき~(^_^;)
Cimg1588
「だってだって、ず~と焼けるまで待ってたんだもん!」(やっぱり食いしん坊、浩史郎)

ママの新潟の実家は、周りが田んぼや畑に囲まれている農家が多くて、少し前までは自分の家の燃えるゴミはそれぞれの家の庭や畑で燃やしていたんだよね~。だから、子供達もみんなゴミ燃やしのお手伝いをしるのに慣れていて、お手伝いと称しては、缶詰の空き缶に川の水と捕ってきたタニシを入れては火にかけ、グロテスクスープを作ったりして遊んだりしたんだって。 でも、今はそういう遊び(火イタズラ?)も出来ないもんねぇ(^_^;)

そして、火で遊んでると、必ず近所のおじいちゃんやおばあちゃんに、

「こらこら~。あんまり火で遊んでると、ションベン垂れ(小便垂れ)になるぞ~!」

と叱られたものなんだって。

どうして火遊びしると小便垂れになるのかは未だ不明だけど、今夜、我が家の浩史郎も始めての焚き火体験で、オネショになっちゃうかしら? ママの田舎にある昔からの言い伝えだからと、ちょっと心配になった、もぐもぐなのでした(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.06

蕎麦を満喫!

さて、皆さんが長野と言われて頭に浮かぶのは…

やっぱり、リンゴか蕎麦ですかね~(^-^)

11月に入って、市内でも「新そば」ののぼりを立てた始めたお蕎麦屋さんが目に付くようになってきてるしね。長野県内のイベント情報を見ても、あちらこちらで新そば祭りが開催されているようです。

我が家の父ちゃんは昔っから蕎麦が大好きで、浩史郎も父ちゃん譲りなのか蕎麦が大~好き! そこで、この前の連休中に浅間温泉街で新そば祭りが開催されるのを聞きつけてきたママは、みんなを誘って早速食べに行ってきたのでした(^_^)

新そば祭りにふさわしく、当日はとっても良い天気。会場内には沢山の人がお蕎麦を食べに来ていました。

10代目の有名な蕎麦打ち名人(名前を忘れちゃった(^_^;) )その場で蕎麦を打ってくれます。
Cimg1484


全部で9つのお蕎麦ブースがあって、それぞれ茹で立てのお蕎麦を食べさせてくれました。

浩史郎も、まずは名人が打ったお蕎麦をいただきまーす♪
65
「さすが、打ちたて茹で立ての蕎麦はコシがあって、喉ごしも最高~!」(ほとんど丸呑み、浩史郎)

父ちゃんとママも、9種類全部のお蕎麦を食べる勢いで挑んだのですが、さすがにそれは無理でした(^_^;)
家族全員で、ざる蕎麦三枚、あったかいニシンそば一杯、かけのメカブとろろそば一杯、ママと浩史郎で蕎麦がきの黒蜜きなこがけ一つ、あとは浩史郎用にジャンボウィンナーとフライドポテトを食べた時点で、みんなのお腹も限界となってしまいました。ま、これだけ食べれば十分だよね~(^-^)

その後、父ちゃん曰く長野では有名な「わさびーず」というフォークグループのライブ前で記念撮影。
Cimg1493
「満腹ぷくぷくで、お腹がはち切れそうよ~!!」(大満足な浩史郎&ママ)


炊き立ての新米が美味しいのと同じで、打ち立ての新蕎麦はとっても美味しかった~! でも、普段お蕎麦屋さんに入ると、観光地だけあって、天ぷら蕎麦で2000円弱もしるお店が多いんだよねぇ(>_<) だから、こういう蕎麦祭りがあると、美味しいお蕎麦がお安く食べられるから、とっても嬉しいよねん♪ 大好きなお蕎麦でお腹を膨らませ、家族みんなと幸せ気分に浸った、もぐもぐなのでした(*^ー^*) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

お月様なしのお月見団子☆

今日のお昼に、キューピー3分クッキングでお月見団子のレシピを紹介してました。
たまたま番組を見て、今日は「中秋の名月」だったことに気付いたママ(^_^;) 埼玉はあいにく朝から雨模様で、とてもお月様が眺められるような天気ではないんだけど、折角だからみんなでお月見団子を作ってみましたよ(^_^)

ジャーン。きな粉とゴマの二種類が完成~!
Cimg1254
この一皿で、白玉粉100g分です。親子で食べるおやつに、丁度いい量でした。って、ちょっと食べすぎ?!


白玉粉をこねて、お団子に丸めるお手伝いをしる浩史郎。
Cimg1250
せっせと頑張って丸めてみるんですが…


「どうしても、丸くならないの~!」
Cimg1252
「ママ、なんでこんな形になっちゃうの~? でも、面白いよ~♪」(ハッスル、浩史郎)

茹でてお水にと取り、出来立てをおやつにいただきました!
56
もともとお餅も大好きな浩史郎。ほとんど噛まずにすすり込むようにして食べてました(^_^;)

「ママや、浩史郎がこんなにパクパク食べるようじゃ、次回はもっと小さめのお団子にしてあげましょう。。」(もぐもぐのつぶやき)

「ほ、ほんとだわ…。こんな勢いで食べられて、喉に詰まったら大変だもんね。。。」(素直に同意、ママ)

もう半分、茹でたお団子が残っているので、明日はみたらし団子にして父ちゃんに食べさせてあげるつもりのママ。でも、果たして明日になってもこんなに柔らかいままなのかしらね? 何だかカチカチに硬くなっちゃうような予感もしるような…。一日くらいは柔らかいままだと自信あり気なママに対し、とっても不安な、もぐもぐなのでした。。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.23

回るお寿司屋

昨日は父ちゃんが飲み会だったので、我々いつものメンバーで回るお寿司屋に行ってきました(^_^)

我が家の浩史郎は、お寿司というよりお刺身が大好き! たまにママが父ちゃんの晩酌のおつまみにイカのお刺身なんて買おうものなら、すぐさま自分の目の前にお皿を移し、醤油をつけるのも待てずに、まるでそうめんを食べるかのような勢いですすり込むんだよね~。そう、まさに「すすり込む」って感じなのだよ! 父ちゃんだってイカが大好きなのに、浩史郎が乱したイカの列の端っこを、ソロリソロリと食べる感じになっちゃって、何だか可哀想なくらいだもん。

そんな浩史郎が、昨日食べたお寿司は…

ワサビ抜きで、

イカ、まぐろ、いくら、はまち、カンピョウ巻き、あなごの一本煮、茶碗蒸し(半分) です。

もちろん、次々にネタだけをすすり込み、見る見るうちに酢飯だけが残っていきます(>_<) それでも、ママに注意された浩史郎は、自分がカンピョウだけ抜き取って食べた残りの海苔巻きの部分を、二つくらいは食べてたかな?同時進行で、ママとオイラで一生懸命に残った酢飯を食べるんだけど、もうそれだけでお腹がいっぱいになっちゃうんだよね(T_T)。 それじゃあんまりなので、満腹になっちゃう前に、ママはこっそり自分用のワサビ入りのハマチとヤリイカ姿を追加してました。

でも、これも浩史郎に見つかるとネタだけ頂戴と駄々をこねられるので、浩史郎がイクラの粒をつまむのに集中しる一瞬の間に、頼んで食べてしまわなければなりません。ママにとっては、ここが一番スリリングな瞬間なのよね~(^_^;)


そして、回るお寿司屋といえば、食後は回るデザートよねん♪

浩史郎は、いつもプチシューにクリームとチョコがトッピングされてるデザートを選びます。
このシュークリームを食べると、浩史郎の顔は…

必ずこんな感じになるのだよ(^_^)
Cimg1165
「なに? なんか問題ある?」(ヒゲおじさん、浩史郎)

この顔で笑うと、こんな感じになります(^.^)
Cimg1171
「ママ、何で笑ってるの~? つられて、俺さまも笑っちゃったよぅ!」(ビックスマイル、浩史郎)

ほんとは、ママもオイラも、酢飯よりももっと自分の好きなお寿司をゆっくりいっぱい食べたいんだけど、浩史郎の喜ぶ顔を見れると思うと、ついついまたお手軽な回るお寿司屋に来ちゃうんだよね。結局、それで満足しちゃうんだから、我ながら安上がりで済んじゃう、浩史郎のお世話係もぐもぐなのでした(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.12

果物大好き!

きっと、多くの子ども達がそうであるように、我が家の浩史郎も果物が大好きなの(^_^)

ママのお財布事情によってだから、そんなに高級なものは、当たり前のようには食べさせてあがられないけど、毎日一種類くらいは食べさせてあげたいよね!

ここ数日は、朝ご飯の時に、ぶどうを出して貰ってる浩史郎。
最初に10粒皮むいてあげたんだけど、すぐに一気食いし、ママに泣きそうな顔で御代わりを訴えて、5粒の追加を許されたのでした。
51
「実は、俺さまはブドウが一番好きかも…! 種無しピオーネが最高よね!!」(際限なく食べます、浩史郎)

浩史郎のお世話係であるオイラの見立てでは、浩史郎の食べる勢いがすごい順番で果物を並べてみると…

ぶどう>桃>いちご、さくらんぼ>みかん>メロン、パイン>バナナ>すいか>キウイ>リンゴ>ナシ…

ざっと、こんな感じかしらね~。
ちなみに、さくらんぼは旅行で御膳に出てきたのを食べた事しかないのですが、みんなのお膳から奪うようにして食べていたので(それも種ごと!)、上位ランクインです(^_^;)

つい最近、ママが食べていた茹で栗を、初めて浩史郎にも食べさせたんですが、口に入れた瞬間「ぺっ!!」と吐き出していました。パサパサした感じがダメだった見たい。。 ランキングから言っても、やっぱ、水分がたっぷりある果物の方が好きみたいね。もちろん、栗ご飯でも、ご飯はムシャムシャ食べても、栗は食べなかった浩史郎なのでした(^_^;)

「浩史郎って、あれよね~。硬い果物は嫌いよね~。ナシとか、スイカも皮際の硬い所はすぐにぺ~っと出すもんね。」(もぐもぐの所見)

「そうなんだよね。でも、ランキング上位のブドウや桃、苺なんかは確かに柔らかくて美味しいけど、その分結構なお値段もするから、そうそうガブガブ食べられても困るんだよねぇ。。やっぱ、バナナとか箱買いみかんが一番手頃よね~!」(ママの感想)

「そりゃそうだけどさぁ。ママは浩史郎がお昼寝してる間にチョコを食べたりしるし、父ちゃんは晩酌にビールや焼酎も飲むし…。浩史郎だって、毎日一生懸命に生きてるんだから、何か一つ位嗜好品があっても良いんじゃないの?」(鋭い指摘、もぐもぐ)

「ギクっ! そ、そう言われれば、確かにそうだけど。。じゃあ、浩史郎の嗜好品を、大好きな果物にするって事?」
(質問、ママ)

「そうね! スーパーや八百屋で、浩史郎が一番食べたいって言った果物を、数日に一回は買ってあげるって事にしたら? うふふふ。我ながら、ナイスアイディアだわねん♪」(一人で満足、もぐもぐ)

「そんな事言って…。もしも一パック700円もするハウスみかんなんか手に取ったら、その日の晩御飯は、冷やっことキュウリの漬物だけになっちゃうじゃん…。」(ママのひとり言)


ブツブツと何やらひとり言を言ってるママですが、ママのチョコレートやポテトチップスを我慢しれば、晩御飯のおかずだってどうにかなるはずだよね~! これからは、買い物カゴの中のママの嗜好品の割合が減らせるように、スーパーでも目を光らせようと思った、もぐもぐなのでした(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.07.14

懐かしい記事

さて、昨日は浩史郎のスイカ風景を紹介したのですが、改めて記事を読みつつ、オイラはある事を思い出しました!

そうなんです、浩史郎にとって、実はスイカは思い出深い果物だったのです。
生まれて初めての、ママのおっぱいや白湯以外の飲み物が、スイカジュースだったのよねん(^_^)

参照→→スイカジュースを飲む浩史郎 (4ヶ月頃)

ママも、あまりに懐かしかったので、夜中に父ちゃんと一緒にこの時の記事を読み直していたみたいよ。
飲み会で酔っ払って帰って来た父ちゃんは、浩史郎の赤ちゃん時代の写真を見ながら、

「ひょえ~! 浩史郎ってば、どうしてこんなに可愛いだろうねぇ。うふふふ~。」(酔っ払い、父ちゃん)

と、オカマさんのような声を出して、いつまでも眺めているのでした(^_^;)


おまけに、こんな写真もありました。お時間のある方はどうぞ♪

おまけ①→→豆腐を食べる浩史郎(6ヶ月頃)

おまけ②→→バナナを食べる浩史郎(9ヶ月頃)


そして、今日の浩史郎です!

父ちゃんが、会社からママの大好きな桃を貰って来てくれました♪
Cimg0844
「ママだけじゃなく、俺さまも、もちろん桃が大好きよ!!」(全力で食べます、浩史郎)

「昨日はスイカを一人占めしっちゃったから…」
Cimg0845
「今日は一切れだけママにもあげますよ。ほら、どうぞ。」(もっと下さい、浩史郎)

赤ちゃんだった頃の浩史郎は、よく女の子にも間違われるほど可愛かったのよ。 まるで天使のような赤ちゃんだったのよねん(^-^) それが、今ではママに桃をたった一切れしかくれないような聞かん坊になっちゃったのですが…(^_^;) ま、元気が何よりってことで、良しとしるかな? そう思って一人うなずく、もぐもぐなのでした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.09

ラーメン屋にて

昨日は父ちゃんが会社の懇親会だったので、我々一行は夕飯にラーメンを食べに行きました(^_^)


木曜も父ちゃんは飲み会で、その時は回るお寿司を食べたので、今回はラーメンな気分だったママ。それも、チャーシューをガッツリ食べたい気分だったみたいよ。


お店につくと、メニューも見ずに注文しるママ。

「中華そばの大盛り一つに野菜餃子ね! ラーメンにはメンマとチャーシューをトッピングで追加で!!」(スラスラ注文、ママ)

このラーメン屋は中華そばが290円という安さで、味は普通に美味しいの。そして、なんと言っても、ジュースとガチャポンコイン付きのお子様ラーメンセットAが190円という安さもあって、多くのお客さんが子連れです。だから、ママもオイラも、浩史郎と一緒に伸び伸びとラーメンが食べられるのよねん♪

浩史郎も餃子が大好きで、ラーメン屋さんに来るのをとっても喜びます(^-^)

さてさて、しばらく待っていると注文したラーメンと餃子が来ました! 首を長くしていた浩史郎は、まだ焼き立てで熱い餃子を必死で冷ましながらも、夢中で食べ始めます。今回はみんなで大盛りラーメンを半分こして食べるつもりだったのですが、浩史郎は取り皿に分けたラーメンには目もくれず、ひたすら餃子を食べ続け…

お、恐ろしい事に、なんと一皿を全部、浩史郎が食べてしまったのでした~(>_<)

ママやオイラが餃子を食べようとしると、すごい勢いで制止し、「だーめ! こーしろーのぎょーざ!!」と言って怒るのだよ(T_T) 結局、餃子が冷めたかどうかの確認用に最初にママに一口だけ食べさせただけで、全てを自分のお腹に入れてしまいました。。

「ふ~。餃子で満腹だわね。。」
Cimg0830
「ラーメンは食べられないから、ママのメンマでもつまもうかしら…。」(メンマも大好き、浩史郎)

結局、全ての餃子を食べて大きなゲップをした浩史郎は、ラーメンは三本くらいしか食べませんでした。 それでも、大好きなメンマは、トッピングで頼んだのを半分ぐらいは食べていたかな? 餃子にメンマ。まるで、ビールで晩酌中の父ちゃんにそっくりな雰囲気をかもし出していました(^_^;)

ママはと言えば、食べたかったチャーシューをお腹いっぱい食べられて大満足。
なにしろ、頼んだ中華そばが290円なのに、追加したチャーシューのトッピングは300円! メインのラーメンよりチャーシューの方が値段を上回っている分、チャーシューの量もママを満足させるのに十分な量だったようです。

浩史郎は餃子、ママはチャーシューで満腹になり、せっかく大盛りで頼んだ麺はと言うと…。

丼の中で、さっきからほとんど減っていないではないですか~!

「う~ん、お腹が苦しい~! もぐもぐや、後は頼んだわよ…!!」(勝手にバトンタッチ、ママ)

「頼んだわよって、ママ…。麺はあっても、肝心の具のお肉やメンマや海苔が全然残って無いじゃんか~! オイラだって、具と一緒に麺を食べたいに決まってるじゃんか~!!」(涙で訴え、もぐもぐ)

「今度来た時、また頼んであげるから…。今日のところは麺で我慢してて下さいな…。」(満腹で意識朦朧、ママ)


こうして、ひたすら残った大盛りの麺を、かなり苦しみながら食べあげたオイラ。。
何とも寂しい気分になっちゃったのでした(T_T) 
次は、絶対自分の分の餃子やラーメンを頼もうと心に誓った、もぐもぐなのでした。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.02.15

ほっぺたが落ちてます…

昨日は、待ちに待ったバレンタインデーでしたね。
実は、オイラはチョコをプレゼントしてくれような女の子のモグラ友達がいないのだよ。。さすがに、ちょっと寂しかったけど、でも、日本中の多くの皆さんは甘~いひと時を過ごしたのでしょうね! 想像しるだけでも寂しさが薄らぎますよぅ(*^ー^*)

さて、我が家の独身男性というと、もちろん浩史郎になるわけですが…

バッチリ頂けましたよ~! ありがとう(^o^)丿
DSC00263
「どれどれ、新潟の従姉妹のお姉ちゃん達の手作りなのかね…」(すぐに飛びつく、浩史郎)

「まずは試しに一口…。」
DSC00264
「あむ~!!」(ほっぺたが落ちてます、浩史郎)

プレゼントのカゴには、ちー姉ちゃん(年長さん)からの手紙と、手作りの蒸しパンケーキとクッキーが入ってました。プレゼントが届いたのが夕飯を食べた後だったにも関わらず、浩史郎は次々に蒸しパンケーキを食べます(^_^;)

「浩史郎や、後は眠るだけなんだから、食べすぎはダメよ~!」(注意しるママ)

「…。」(無言で食べ続ける浩史郎)
DSC00268
「俺さまが貰ったプレゼントだもんね。好きなだけ食べますよ~♪」

バレンタインだから、きっと小包で送られてくるだろうと予想していたオイラとママ。
でも、届いたものは写真の段ボール箱! 

最初見たときは、どんな大きなチョコが入ってるのかとビクビクしちゃったけど、中身はプレゼントの他にイヨカンと甘栗がたくさん入ってました(^_^) チョコが苦手な父ちゃんも、甘栗は大好きだもんね~。

ムシャムシャと幸せそうな顔で食べ続ける浩史郎を見守りながら、来年のバレンタインデーまでには、可愛い女の子のモグラ友達を絶対に見つけようと心に誓った、もぐもぐなのでした!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.26

ケーキ食べすぎ注意報~

昨日の新潟は、雷&強烈な寒風の中でのホワイトクリスマスでした。

暖かいお家があることに、心から感謝せずにはいられませんね(^_^;)

まずはみんなで乾杯~!
2005_12250039
「俺さまにはシャンパンが無いのかね…!!」(この上ない不機嫌顔、浩史郎)

クリスマスには、もちろんケーキ(^_^)
2005_12250041

「浩史郎や、まだロウソクに点火もしてないのに、何で口の端にクリームが付いてるんだい?」(苦笑い、もぐもぐ)

「キー、キー!」(ケーキ! ケーキ! と言ってる浩史郎)

「はいはい。お前さんに一番大きいケーキをあげるから、ちょっと待ってなさい!!」(浩史郎を押さえるのに必死、ママ)

「はい、どうぞ! みなさん、ゆっくり食べるのですよ~」(ケーキをお皿に盛る、もぐもぐ)

しかし…


浩史郎の辞書に、ゆっくりという言葉は無かったようです(^_^;)
2005_12250044
「やっぱり、ケーキは最高ねん♪ 毎日食べたいわん♪♪」(これで満足? 浩史郎)

年齢が小さい内は、生クリームなどを控えているお子さんも多いと思います。

我が家の浩史郎はというと、ケーキもお饅頭も大好きで、すでにパクパク食べちゃってます(^^ゞ 一歳のお誕生日ケーキがデビューだったのかな? でも、美味しいからって、食べすぎは禁物だもんね。ちゃんと歯磨きをして、虫歯にならないように気を付けま~す!

「そうよ、もぐもぐ! 浩史郎に虫歯ができないように、ちゃんと歯の裏まで磨いてあげてね。」(いつもの命令、ママ)

「は、はい。いつもオイラにばっかり言わないで、たまにはママが磨いてあげればいいのに。。」(もぐもぐのひとり言)

「えぇ? ママは浩史郎が歯磨きするのに大きな口を空けてる姿を見てるだけで、満足満足なのよん。よろしくね、もぐもぐ(^ー^)」(ビールで良い気持ち、ママ)

 
実家で過ごすクリスマス。
至れり尽せりでケーキまでご馳走になり、ママのホッペが一回り大きくなったように思えてならない、もぐもぐなのでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧